ブルーライトカットのメガネで目を守る

パソコンやスマホを見る時間が長くなると、段々と目の疲れを感じたりしませんか。そんな疲れ目の症状を少しでも和らげてくれるアイテムの1つに、ブルーライトカットメガネがあります。そもそも、ブルーライトとは、LEDライトの中に含まれる、可視光線が強い光のことで、浴びすぎると脳が刺激されて睡眠の質が低下したり、視界がかすむといった症状が出ることがあります。そこで、ブルーライトカットのメガネがおすすめです。

ブルーライトカットのメガネは、メーカーによって様々なカット率が用意されていますが、カット率が高くなるほどレンズの色が黄色っぽくなるので、普段のファッションにも合わせたい方は、カット率が小さめの物を選ぶと、レンズの透明度が上がります。

軽くて痛みの少ないフレームを選ぶ

メガネをかけていると、フレームの重さや締め付け具合で頭が重くなったり、疲れてしまう人もいるかと思います。そういった悩みを持っている場合、軽量でしなやかな素材でできたフレームを選ぶのがおすすめです。メーカーによって色々なカラーとデザインがあるので、自分好みのメガネが見つかります。ちなみに、しなやかなフレームは破損防止にもなるので、うっかりメガネのフレームやテンプルを壊してしまいがちな方にも、安心のメガネです。

最近では、テンプルが短く耳にかけずに使えるタイプのメガネもあるので、テンプルで耳が痛くなるのが嫌な方は試してみてはいかがでしょう。また、鼻からずり落ちたり跡がつくのに悩んでいる方は、鼻にかかる重心を従来よりも減らしたタイプもあり、自分の悩みに応じて合うメガネを探すことができます。

めがねは、自分の顔の形などに合わせてフレームを選ぶようにします。レンズの厚さによっても印象が変わり、極薄レンズもあります。