試着でフィット感を確かめる

メガネというと視力を矯正する道具というイメージをもたれがちですが、時代の移り変わりの中でオシャレアイテムとして使う人も増えています。こうした伊達メガネを選ぶ時の大事なポイントがフィット感です。メガネは顔の一部という言葉もあるように、サイズやフィット感で印象が大きく変わります。ただのオシャレアイテムだからという理由でデザインだけを優先して選ぶ人も少なくありません。しかし、どんなに最先端の人気モデルでも顔の形や大きさに合っていなければ不格好に見えてしまいます。お気に入りのデザインを見つけることも楽しみの一つですが、購入する前に試着としてサイズとフィット感を確かめなくてはいけません。自分で判断ができない時は専門の知識を持ったスタッフに聞くことでアドバイスを受けられます。

レンズの質感をチェックする

サイズやフィット感と並んで伊達メガネを購入する時の大事なポイントの一つがレンズの質感です。一口にメガネのレンズと言ってもガラスからプラスチックまでいくつかの素材に分かれています。一見するとどれも同じように感じられますが、重量や耐久性など細かい部分に違いがあります。矯正目的ではない伊達メガネの場合、焦点などの機能性は意識する必要はありません。重要となるのは光が当たった時の反射率です。屋外での紫外線、写真を撮った時のフラッシュなどの光がレンズに当たった時に反射率が高過ぎると印象が悪くなります。レンズは低品質の物ほど反射率が高くなる傾向があるため、こだわる人は上質なレンズを使用しているメガネを選ぶことが大切です。